発泡酒と第三のビールの違いって?

発泡酒

今テレビCMなどで話題の第三のビールですが、これまでに発売されている発泡酒との違いは何なのでしょうか。

まずお酒の種類や品目は酒税法という法律により細かく定められています。

そもそもビールとは原料である麦芽を、原料全体のうち3分の2以上使用して、それ以外の副原料についても麦やホップや米など政令によって指定されたものを使用して作られたお酒のことをさします。

対して発泡酒とは麦芽の使用率が3分の2よりも低く、だいたい4分の1程度で副原料も指定されたもの以外を使用して作っており、麦芽などを原料の一部に使って作った発砲性があるお酒という定義になっています。

材料がビールと似ているため、ビールっぽい味になっていますが、高価な原料である麦芽の使用率が低いため、値段はビールより低くなるようです。

ただ麦芽の含有率が低いため、味わいにはどこか物足りなさもあります。

では第三のビールとは一体全体どんなお酒のことをさすのでしょうか。

ビール

アサヒやキリン、サントリーなど大手飲料メーカーがこぞって発売している新ジャンルともいわれる第三のビールは、なんとビールと名はついているものの麦芽を全く使っていないのです。

エンドウ豆や大豆、トウモロコシなどからつくられビールの風味を付けて作っているのです。

しかしパッケージや名前は見るからにビールのようなものを使用しているメーカーが多く、消費者にはあくまでもビールとして手に取ってもらいたいようです。

値段が安いため、家計が大いに助かっているなんて人も多いかと思いますが、そもそもなぜこのようなものができたかというと、お酒業界の税金逃れ、価格競争から始まったといわれています。

高価な麦芽を使用し、値段もかかる税金も高いビールでは、他のハイボールやチューハイといった安価なお酒に負けてしまいます。

ビールはなんとその価格の半分近くが税金になっているのです。

そのため麦芽を減らし値段を下げ、ビールではないけどビールっぽいものとして作られたのが発泡酒であったわけです。

税金

ビールではないため、ビールにかかる税金はかからず、安いけどビールのような味がするということで売れたわけですが、売れるところには税金がかかるということで、発泡酒にもビールほどではないにせよ高い税金がかかるようになってしまいました。

そこで、発泡酒でもなくもはや麦芽を全く使わないけどビールっぽいお酒を造ろうとして生まれたのが第三のビールというわけです。

第三のビールだと、かかる税金は、発泡酒にかかるものの半額近くとかなり安く済みます。

いってしまえば酒業界と税金のいたちごっこの末に生まれてきたお酒というわけですね。

そのため第三のビールもよく売れて高い税金がかかるようになった場合、第四、第五のビールというものも生まれるかもしれませんね。

若者のビール、お酒離れが進む中、安くておいしいものを作ろうとするお酒業界の挑戦はまだまだ続きそうです。