両親への喜寿祝いの人気プレゼント

両親

喜寿は77歳のお祝いで喜という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることから77歳のお祝いの由来となっています。

還暦は干支を一巡することで赤ちゃんに帰るという意味があります。

古希は70歳まで生きるのは非常に稀ということから派生した言葉で、どちらもルーツは中国にあるといわれていますが、喜寿は日本が発祥といわれる行事で、数え年で77歳に行います。

日本の平均寿命は世界一といわれていますから喜寿を迎えてもそれほど長寿とはいえないかもしれませんが、喜ばしい行事であることには変わりはありません。

そのため喜寿祝いは心のこもったものを用意したいものです。

喜寿祝いは内輪でするのが一般的で料亭やホテル・レストランなどで家族全員でおしゃべりを楽しむのがおすすめです。

世界的に見ても日本は長寿国ですから、77歳はまだまだ元気な人が多いので家族が集まりやすい正月やゴールデンウィーク・お盆など比較的みんなが集まりやすい頃にお祝いするのがベストかもしれません。

喜寿祝いの相場は地域や立地によっても異なりますが、両親へ贈る場合には10000~50000円程度が相場となっています。

原則としてお返しは不要ですが、お返しをする場合には表書きは「内祝」や「寿」で蝶結びとなります。

紫色のプレゼント

おすすめのプレゼントは紫や黄色が喜寿のカラーとなりますから、衣服や日用品など普段の生活で使うものを贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

いつまでも若々しくいてほしいという願いを込めて、少し若年層のものを贈ると気が利いているかもしれません。

プレゼントは大切な人を思って贈ることが大切ですから、本人の趣味や嗜好にあわせた実用的な品物を選ぶとよいでしょう。

趣味や嗜好がわからないという場合は、カタログギフトを贈ると贈られた人が自分がほしいものを選ぶことができますから喜ばれるかもしれません。

女性はいくつになっても花をもらうとうれしいものですが、花を贈るときに気をつけないといけないことは、祝い事に避けるべき色や花がありますから注意しましょう。

小菊

特に青と白や紫と白など不祝儀の際に使われる色がメインのフラワーアレンジメントなどは避けた方が無難ですし、仏花として使用される小菊や輪菊・花首が落ちることから縁起が悪いとされる椿などはお祝いの品としてはふさわしくないとされていますから避けた方がよいでしょう。

また鉢植えは縁起が悪いとされていますから気をつけましょう。

普段あまり花を飾らない人には、水やりの手間もなく花の美しさを長く楽しむことができるプリザーブドフラワーがおすすめです。

のし袋を贈る際には水引は金銀または紅白の蝶結びのものを使用し、「お祝い」や「敬寿」などと書き、下段にはフルネームを書きます。

贈り物にはさまざまな選択肢がありますが、高齢の人にとってはなかなか忙しくて会う機会も少なくなってしまいますから、できる限り携わった人全員で直接手渡すようにしましょう。