神前式結婚式とは

和装,結婚式,新郎新婦

神前式結婚式は神社に祀られている神様に対して夫婦になることを誓う儀式であり、新郎新婦は和装で行います。

荘厳な雰囲気の中で執り行われ使用される楽曲も雅楽であり、凛とした式内容になります。

日本人だからこそ和の装いをして日本で行われてきた伝統的なスタイルで式を挙げたい・・。

そんな方はホテルやサロン内の結婚式場内で新郎が羽織袴に新婦が白無垢で行うよりも、きちんと神社に出向いて行ったほうが魅力ある神前式結婚式を挙げることが可能です。

ほかの結婚式とは違い、神前式結婚式は時間がかかるものであることも考慮して選択したほうが良いでしょう。

主な流れとして初めに参進の儀があって雅楽が奏でられている中を行列になって本殿まで移動するところから始まります。

本殿内では決められた場所に座る必要があるので、前もって確認しておいたほうが良いでしょう。

案内係がいて間違う心配はありませんが、式をできる限りスムーズに進めるためにも大切です。

盃

神主に清めてもらう修祓の儀や祝詞奏上の儀が行われ、神様に結婚を報告したら次に行われるのは三三九度です。

テレビドラマなどでもよく取り上げられるシーンで、見たことがある人もいるでしょう。

夫婦の契りを交わすために行われますが、1回だけでなく大中小の三つの盃で行わなければなりません。

三つの盃で三献ずつ頂くから三三九度と言われていますが昔よりも簡略化され、一盃は新郎から新婦へ、二盃は新婦から新郎への順番になり三盃はまた新郎から新婦になります。

盃に注がれたお神酒の飲み方も決まりがあり、3回口をつけますがそのすべてで飲むのではなく、1回目と2回目は口をつけるだけにして3回目で飲み干すことになります。

お酒が飲めない人は無理に飲まなくても、口をつけて飲んだふりだけで大丈夫です。

三三九度の後は神前で夫婦が誓いをたてる誓詞奏上が行われ、指輪の交換が行われた後に玉串奉奠を、退場して終わります。

神社によっては式の後半に巫女の舞を奉奠することもあるため、トータルの時間がかかります。

和装,結婚式,新郎新婦

さらに神前式結婚式が終わったと、出席者全員で写真撮影をするところも多いです。

着慣れない和装で長時間いなければならないので大変なことも多いです。

しかし何度も経験できることではないので厳かな式にあこがれがある人は神前式結婚式を挙げてみるのもよいのではないでしょうか。

神社に直接申し込むことも可能ですが、ブライダルサロンを通して行ったほうがそのあとの披露宴についてもいろいろ相談することができて便利です。

提携している神社があれば予約がしやすかったり、割引になったりするメリットもあります。

和装を持っていなくてもブライダルサロンを利用すれば新郎新婦やご両親はレンタルできますし、着付けやヘアメイクなどもお任せすることが可能です。

参列する親戚は和装でも洋装でも構わないですが、女性は肌を露出するような服装は神様の前では失礼になります。

神前式結婚式に出席したことがない親戚には前もって肌の露出が少ない装いで参列してもらえるように話しておいたほうが安心です。

神前式=神社で行う結婚式とは