結婚式の費用について

相場は、200万~250万円

結婚式にかかる費用の相場は、200万~250万円ほどと言われています。

チャペルや神社で結婚を誓う挙式と列席者に結婚の報告を行う披露宴があります。

挙式と披露宴の両方を行う場合と、どちらか一方にする場合には支払う金額は大きく異なります。

 

挙式のみの場合

結婚式

挙式のみの場合には、費用は衣装代も含めて20~40万円ほどが一般的です。

披露宴をおおなう場合には、招待人数によってトータルかかる金額が大きく変動します。

ゲストのおもてなしアイテムとなる飲食や引き出物、招待状など人数が増えれば増えるほど料金も追加されていきます。

結婚式にかけられる予算はふたりの貯金額だけではありません。

披露宴を行えば、ゲストからの御祝儀を予算として含めることができます。

ただし、御祝儀を含めて予算を組んでいる場合には、結婚式を行う前に会場に支払うケースも多いため注意が必要です。

親からの援助もある

おじいちゃんとおばあちゃん

親からの援助は一般的に、両家が分担して用意します。

親からの援助をしてもらわない二人もいますが、一生に一度として援助する親も少なくありません。

料金を支払うタイミングは会場決定時の契約時と招待人数や内容などすべてが決まったときのどちらかです。

すべてが決まったときの場合には、会場によって支払いのタイミングが異なります。

多くの場合には結婚式前ですが、当日や後日でも支払いが可能という場合もあります。

費用の支払いは現金だけでなく、クレジットカードやブライダルローンも利用が可能です。

ブライダルローンもある

ローン

ブライダルローンは手元に資金がなくても結婚式をしたいというカップルにおすすめです。

なるべくお金を抑えたいときには節約も可能です。必要なのか必要ないのかを選択するようにします。

式場側から、オプションを勧められることもありますが、ふたりにとって本当に必要なものだけを選んでいきます。

打ち合わせは何度も行います。その間には人数やプランの変更などによって価格には変動が起こります。

変更があったらその都度見積もりを出して価格を確認していきます。はじめての見積もりは最低ラインの価格が設定されています。

最終的な費用はアップしやすいため、ランクアップや追加が必要なところは早めに金額を把握するようにします。

招待状は自作でも可能

招待状

招待状などのペーパーアイテムは自作が可能です。

自作のほうが費用を抑えることができますが、持ち込み料がかかる会場もあるため自作で節約を検討している場合には事前に確認しておきます。

価格交渉のポイントは、契約前に交渉します。セット料金で割引されていてもさらに交渉によって割引することも可能です。

他の式場の見積もりも価格を下げるときには効果的なアイテムです。割引交渉は契約前でないと一切受け付けしてくれません。

本命の式場があっても、他の式場に行って相場を調べてから相場を確認してから訪れるようにしておくことがおすすめです。

結婚式はお金がかかってしまいますが、ポイントを抑えると費用を抑えることも可能です。

自分たちに合うスタイルで行うことが一番です。

参考記事→結婚式・披露宴の費用ってどのくらい?相場や費用を安くする方法

 

まとめ

結婚式

一生に一度の大事な日なので、自分たちの結婚式は盛大に行いたい、と思う方もいるでしょう。

しかし、結婚式も重要ですが、それよりももっと重要なのが結婚後の生活。

結婚式で見栄をはってしまい、結局普段の生活が苦しくなっては元も子もありません。

なので、見栄をはらず、他人と比較せず、自分たちが満足できるような結婚式を目指してください。

関連記事:神前式結婚式とは